« Mac miniの失敗したこと | トップページ | フレッツ光Next隼にコース変更しました »

2013年1月 5日 (土)

リモートコントロール (Mac miniにアクセス)

mac mini置き場は、リビングから離れた場所だし、プログラム自身はやはり慣れたWindows環境のほうがいいため、Windowsから、mac miniをリモートコントロールすることにしました。macは、無線LAN(Wifi接続)の環境ですが、問題ありません。
と言っても、今回の目的は家庭内のローカルLAN環境内だけです。
mac miniのOSは、OS X Mountain Lion (10.8.2)です。OSによって、このあたり少し違うみたい。Mountain Lionは、デフォルトで、VNCが使用可能なので、これを利用することにしました。
システム環境設定→共有 で、
1.「コンピュータ名」に名前を設定
2.「画面共有」にチェック
3.「コンピュータ設定...」で、「VNC使用者が画面を操作することを許可」にチェックし、パスワードを設定。
4.「アクセスを許可」の「次のユーザのみ」を選択。自分だけアクセス許可すればよいので、ユーザーの追加はしない。

Mac側は、以上でおしまい。
Windows側は、最初、昔使っていたRealVNCをそのまま利用したが、アクセスできず。
最新版にバージョンアップすることで、無事アクセスできました。しかし、いろいろ調べていると、UltraVNCが良いみたいなのでこちらに切り替えました。
RealVNCでも特に不自由感じなかったのですが、スピードは遅いような気がします。(気のせいかもしれません。)
UltraVNCは特に設定は、していませんが、Serverの方は今のところ使用予定ないのでサービスへの登録などはしていません。
また、接続する手順は、下記。
1.UltraVNC Viewerを起動
2.VNC Serverに、mac設定1の「コンピュータ名」に設定した名前を設定
3.Quick Optionsは、AUTOを選択
4.Connectを押す。
5.mac設定3の「パスワード」で設定した、パスワードを入力して、Log On。
6.macのログイン画面が出るので、いつものようにmac用のパスワードを入力する。

今は、そんな感じで無事接続できています。
Windows標準のリモートデスクトップと比較して、サーバーとクライアント側で、お互いにコピペができないのが、不便ではありますが、今後いい方法を模索することにします。

« Mac miniの失敗したこと | トップページ | フレッツ光Next隼にコース変更しました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589583/56472999

この記事へのトラックバック一覧です: リモートコントロール (Mac miniにアクセス):

« Mac miniの失敗したこと | トップページ | フレッツ光Next隼にコース変更しました »