2019年11月30日 (土)

ファイラー Zero 0.0.5 → 0.0.6(急遽修正)

導入が遅くなりましたが、圧縮・展開の機能を実装しました。(ダウンロード先)
複数の圧縮方式に、対応するために統合アーカイバプロジェクトのライブラリを使用できるようにしています。
また、Zip形式に関しては、いろいろ悩んだのですが、圧縮・展開用Zipライブラリ(DelZip192.dll, DelZipWrap.dll)を同梱しています。
ライブラリをダウンロードしなくても、最低限Zipぐらいはできたほうが良いという配慮です。
同梱のZip用ライブラリは、ZipMasterのDelZip192.dll(本体)を使用しており、統合アーカイバプロジェクトに互換性を持たせるため中継用のDLL(DelZipWrap.dll)を介して操作する仕組みですが、現在は最低限の機能しか持たしていないためオプションの指定が圧縮と展開しかなく、細かい指定はできません。

DelZipWrapの現在の設定は、
・圧縮・展開ともに同じファイル名があった場合、上書きします。
・圧縮はファイル追加として動作しますので、同じ圧縮ファイル名があった場合、従来の中身にファイルが追加されていきます。

今回、圧縮・展開の機能を実装していて、非常に衝撃を受けたことがあります
現在は、解凍という言葉はあまり使わないのですね。若い人には通じないようです。
解凍ではなく、展開が正しい表現と知り、いろいろ文言を書き換えました。
DOSの時代は、解凍でしたよね?

マニュアル(readme.md)には、少し書いてありますが、圧縮の種別は圧縮ファイル名の拡張子で決定します。
zipで圧縮したい場合は、〇〇.zip。lzhで圧縮したい場合は、〇〇.lzhとファイル名を指定してください。

変更履歴は、

・0.0.6
  * Unzip32.dllなど、Unicodeに非対応のDLLでの動作が不正であったのを修正

・0.0.5
  * 圧縮・展開機能追加(統合アーカイバプロジェクトのDLLをサポート)
  * 基本設定を書き換えても、Zero終了時に元に戻してしまう不具合修正
  * 検索結果のファイル名の表示可能文字数を増やした
  * フォルダー選択窓で、ドライブ変更('L')ができない不具合を修正
  * フォルダー選択窓の、Dir欄をまともに編集できない不具合を修正

となっています。

いろいろな環境で、動作させていて思ったのですが、ウイルスバスターで展開機能が引っかかる(誤検知する)ようで、ウイルスバスターの設定をしないと展開したファイルが削除されたり、ZeroからロードしているDLLが強制的にアンロードされたりするようです。
要するに、展開機能が動作しない
問題が発生した人は、「コンピュータを守る」→「コンピュータの保護設定」→「例外設定」→「ファイル/フォルダ」zero.exeを追加してください。
恐るべし、セキュリティソフト!!

2019年10月27日 (日)

ファイラー Zero 0.0.3

実は、令和元年の即位礼正殿の儀の 10/22に、令和元年バージョン(0.0.1)をリリースしました。

本日は、すでに、ver 0.0.3になっています。

最新の画像は、下記になります。

Zeroimage_20191027223001

見た目は、前回と大きくは変わらないと思いますが、機能は増えていっています。

変更履歴は、

  • 0.0.3
    * "エクスプローラー処理"を追加(コピー、切り取りなど)
    * クリップボードへのファイル名のコピーなどを追加
    * フォルダーの変更監視が止まってしまう不具合修正
  • 0.0.2
    * readme.mdの不備を加筆
    * 移動先フォルダー窓 → フォルダー選択画面 →さらに移動先フォルダー窓を開くと
       内部のアドレス異常が発生する不具合を修正
  • 0.0.1: 初版 (Test版除く)
    * 令和元年記念として、リリース。 2019.10.22。

となっています。

設定ファイルは、現在、手動で編集する必要がありますので、JSON形式や、INIの形式を理解していただく必要があります。

JSON形式で、よく間違える注意点としては、¥を ¥¥と記述する必要があることです。
また、申し訳ないのですが、文字コードが統一できていません。

  • INIファイルは、シフトJIS。
  • JSONファイルは、UTF8(BOMなし)

です。

2019年6月14日 (金)

iTunesで動画を音声に変換(MP4→MP3)、そしてCDに保存まで

iTunesは、気に入っており音楽はすべて iTunesで管理しています。
ちなみに、iPhoneは持っていないので、iPod touchで音楽は聴いています。
スマホと別々に音楽プレーヤを持つことで、電池の持ちがいいし気に入っています。
2019年に待望の、7世代が出ました。
残念ながら大画面にはならずデザイン据え置きでしたが、価格据え置きのところがすごく好感が持てます

 

本題に戻ります。

いろいろサイトを見ていると、動画(MP4)を音声(MP3)に変換する場合、MP4→M4A→MP3とする方法を紹介しているページが多く
少し気になっています。この方法をした場合、MP3にした段階でiTunesの特徴のアートワークが上手く更新されないと思います。
そこで紹介する方法は、MP4→MP3にダイレクトに変換する方法です。
あまり、大した方法ではないのですが、、、

【事前準備】・・・この作業は1回すれば次回は不要です。

  1. 「編集」→「環境設定」→「一般」→「読み込み設定(O)...」
        Itunes00
  2. 「読み込み方法」で「MP3エンコーダ」を選択し、「OK」
    Itunes002

【動画取り込み、音声変換】

  1. iTunesに動画(MP4)を取り込む
    いろいろ方法はあると思うのですが、「ファイル」→「ファイルをライブラリに追加」で、動画ファイルを選択する。
    Itunes01
    そのほかの方法として、便利と言われているが、「iTunesに自動的に追加」というフォルダに動画をコピーする方法です。
    Itunes012
  2. 「ムービー」→「ホームビデオ」に切り替えます
    Itunes02       
    ここに、先ほど登録した動画が現れるはずです。
     
  3. 取り込んだ動画(MP4)を選択して、Shiftキーを押しながら「ファイル(F)」→「変換(T)」→「MP3に変換中(V)...」
    Itunes03
    「MP3に変換中(V)...」 という項目の、日本語が少しおかしいように思うのは僕だけでしょうか?
    まだ変換してないんですけど、、、

  4. すぐに変換は完了して、「ムービー」ではなく、「ミュージック」の方に変換された音声ファイル(MP3)が保存されます。

【MP3からCDを作成】

携帯用の小型キーボード購入、、、でも失敗

iPadを持っているのですが、画面を占有せずに字を打ち込みたいと思い、
携帯用の小型キーボートを買うことにしました。

結構悩み、前から気になっていた Ewinのミニ Bluetoothキーボードを買うことにしました。
これなら、手持ちのAndroidスマホも入力できるし、スマホと同じくらいのサイズなので
スマホと同時にもって操作できるに違いない、などといろいろ夢が膨らみました。
Ewin_keyboard

↑↑ ↑ ↑ ↑ ↑ これです。↑↑ ↑ ↑ ↑ ↑

しかし、いざ使用してみてびっくり、キー入力スタイルが僕のイメージと合っていませんでした。
僕の理想は、下記のような持ち方なのです。
Ewin_keyboard2
しかし、僕の購入した上の方のキーボードは、右にトラックパッドがあるため、右手の親指がキーに届きません、、、(T-T)
トラックパッドなしモデルを発売して欲しいです、、、
一気に熱が冷めて、購入したキーボードは利用していません、勿体無いです。

今度、せめてTVに利用しようと思っています、、、  

一応、フォローなのですが、物はよくできており作りがしっかりしています。

  • 人差し指など、片手打ちの方
  • 左手はキーボード、右手はトラックパッドの方

には問題ないと思います。

iPadはというと、横向きにして日本語はローマ字入力にして使用する方法が結構気に入りまして、
外付けキーボードがなくてもよくなりましたとさ。

2019年5月 3日 (金)

ファイラー作成中

Pyxisというすばらしいファイラーがあるのですが、現在更新が滞っており、
今後のことを考えると、自作するしかないと思い立ちました、2年位前???
そこで、こつこつファイラーを作成しているのですが、まだまだかかりそうなので
一旦、途中経過を公開することにしました。

最終的には、今まで実施したことない、シェアウェアにしようと考えております。
使ってくれる人が果たしてどの程度いらっしゃるかが一番の問題です。

画面は、こんな感じ。

Zeroimage

動作環境

Win7, Win8, Win8.1, Win10 ← 検証が困難なので、Win10専用にします。

使用方法

解凍後、Zero.exeを実行
C: コピー
D: 削除
H: 移動先フォルダー指定
X: 入力コマンド実行
R: 実行
S: ソート
Y: ワイルドカード
E: 編集  → 初期はNotepadが設定されています。Zero.iniのNotepadを自分の好きなエディタに書き換えてください。
V: 閲覧  → 初期はNotepadが設定されています。Zero.iniのNotepadを自分の好きなビュワーに書き換えてください。

ダウンロード先

HP: 晴れときどき更新中Tool小屋(自作ツール)

Zero

2018年4月15日 (日)

AMDのCPUを用いたPCでAndroid Studio。救世主はGenymotion!

Android Studioの勉強をしようと思い、「はじめてのAndroidプログラム」という本を買いました。(僕の買ったのは改訂版。現在は第3版が最新のようです。)

最初は、Hello Worldというシンプルなプログラムからスタートします。

しかーし、AMDのCPU搭載の僕のPCは、動かなかったのである。


そこからが、苦労の始まりだったのです。

よくよく調べると、IntelのCPUだと、仮想化技術のVT-xを利用できるため、HAXM(Intel® Hardware Accelerated Execution Manager) という技術により高速なAndriodエミュレータが実現できるということらしい。

AMDは、それがない。ということらしい。というより、AMDのこの機能に相当する技術は、SVMなのだが、Android Studioは標準では対応していないということがわかりました。
ということで、一度、諦めました。僕は Intel CPUのmac miniを持っていたので一度そちらに逃げました。
しかし、実は、AMDのCPUを使ったWindows10のPCでも、解があったのです。
それが Genymotionだったのです。

個人利用の場合は、Personal Editionを無料でダウンロードして使用できます。


まずは、HPでダウンロードする前に、サインイン(Sign in)する必要があります。
Genymotionhp01


初めての場合は、「Create account」をクリック。
その後、必要事項を入力します。
メールアドレス、パスワードなど
Genymotionhp02

準備ができたところで、「Resources」 → 「Fun Zone」を選択。

Genymotionhp03

「Download Genymotion Personal Edition」をクリックして、ソフトをダウンロードします。
Genymotionhp04

僕は、「without VirtualBox」の方をダウンロードしました。
Windows10の場合は、インストールに一手間があるため、別々のインストールの方がトラブルが少ないのでは?と考えました。
Genymotionhp05

面倒なのですが、次に、VirtualBoxの準備が必要です。
Windows10であれば、Version 5以上を使用してください。
なお、僕は5.2でのみ動作確認しています。

ダウンロードとインストールまでは、省略します。

僕は、以前から使用していましたので、左の枠の部分にたくさんエミュレート環境が選択できるようになっていますが、最初の方は空白です。
Genymotionを入れる準備をします。
Virtual Boxを起動後、「ファイル」→「ホストネットワークマネージャー」を選択します。
Virtualboxgeny6

次に、「作成」アイコンを教えてください。
Virtualboxgeny7

新規作成されたイーサーネットアダプターを選択し、「プロパティ」を押します。
「アダプター」タブに下記を入力
「アダプターを手動で設定」を選択。
IPv4 アドレス   : 192.168.1.201
IPv4 ネットマスク : 255.255.255.0
Virtualboxgeny8
「DHCPサーバー」タブに下記を入力
サーバーを有効化にチェックを入れる。
サーバー アドレス: 192.168.1.100
サーバー マスク : 255.255.255.0
アドレス下限    : 192.168.1.101
アドレス上限    : 192.168.1.199
Virtualboxgeny9

Genymotionのインストールを行い、起動します。
Virtualboxgeny10

「Personal Use」を選択
Virtualboxgeny11

同意する場合は、チェックを入れる。(チェックを入れないと使用できません。)
Virtualboxgeny12
「Yes」を選択
Virtualboxgeny13
「Sign in」をクリックし、サインインをします。
Virtualboxgeny14
今回のテキスト「はじめてのAndroidプログラム」に合わせるために、API 16を選択。
Virtualboxgeny15
設定ができました。
Virtualboxgeny16

次は、Android Studio側の設定になります。
Downloadや、インストールや、設定に関しては、「はじめてのAndroidプログラム」が丁寧に書かれており、役に立ちました。
便利に使おうと思うと、結構沢山設定する必要があるんですね、、、。
Android Studioを起動後、「Configure」→「Plugins」を選択。
Virtualboxgeny18

下記のような画面になるので、検索エリアに 「geny」と入力します。
Virtualboxgeny19
そうすると、該当のプラグインがヒットしますので
「Install」ボタンを押します。
Virtualboxgeny20

「Restart Android Studio」を教えて、立ち上げなおします。
Virtualboxgeny21

「View」の「Toolbar」を選択します。
Virtualboxgeny22


そうすると、ツールバーにGenymotion用のアイコンがあるのがわかります。
Virtualboxgeny23

「File」→「Settings...」を選択し、
「Other Settings」の項目の「Genymotion」を選択し、
インストールしたフォルダーを指定します。
例えば、「c:\Program Files\Genymobile\Genymotion」です。
インストール先は、個人により異なりますので各自で確認してください。
Virtualboxgeny24

設定が終われば、いよいよ、先ほどの「Genymotion」のアイコンを押してください。
起動したいエミュレータを選択(今回は4.1.1(API 16))する。
Virtualboxgeny25

無事、Androidのエミュレータが立ち上がりました。
Virtualboxgeny26

「はじめてのAndroidプログラム」のサンプルを実際に動かしてみます。
実行ボタンを押すと、下の画面になるので、「Genymotion 〇〇」を選択します。
Virtualboxgeny27

無事、「Hallo world!」と表示されました。
Virtualboxgeny28


Android Studioの勉強がこれで進みそうです。。。
Macは、まだ慣れてないので、、、
特に、僕の場合、WindowsのノートPCからリモートで操作しているのですが、
リモート先がMacだと打てない記号があるので、苦労しています。
その点Windows同士であれば、問題ないです。

2018年1月24日 (水)

HTC 10 Android8 Oreo来ました〜

HTC U11がバージョンアップしたというニュースを見たばかりだったので、まだまだ HTC 10には来ないと思っていたら、急に来たのでびっくりです。

Hdlce2_00

 

Hdlce2_00
 
Hdlce2_00
 
Hdlce2_00
 
更新後、アプリが2つほど増えていました。
「Record」「Viveport」です。
「Record」(赤いアイコン)は、フィットネス関連の記録をするアプリのようです。
「Viveport」(三角のアイコン)は、バーチャルリアリティのためのアプリストアのようです。
 
Hdlce2_00
それと、課題も2つ
1つは、APNの設定を再度実施してほしいと、督促が来るようになったこと。(写真なし)
もう一つは、LINEが動作しなくなったことです。
  • APN設定に関しては、
    APN設定画面に移動すると、有名どころの会社が出てきて選択できるようになっているのですが、僕の利用しているところは、リストにありませんでした。

    無視しても、とりあえず通信ができるため、最初無視してました。
    しかし、最終的には気になって設定することにしました。まず、リストからダミーのAPNを選択。
    次に、再度APN設定画面に移動すると、今度は、右上に+マークが現れるため、これを押して、自分のAPNを手動で登録。手動で登録するときの内容は、自分のSIMの会社のHPを見るとわかります。
  • LINEに関しては、
    OSバージョンアップに、通信の大事なメッセージのバックアップをとるべきでした。過去のメッセージは、復活できていません(T-T)
    さて、とりあえず使えるようにする対処方法は、アンインストール、そして再度インストールです。
    これだけで、動作するようになりますが、メッセージは復活しません。吹き出しは復活するのですが、中身が読めません。
    スタンプや、アドレス帳?は元通りに自動で復帰します。
新しくなるということは、トラブルがつきものですが、それも含めて楽しいです。
僕の場合は、、、

2017年7月23日 (日)

NAS通信速度、劇的に改善。えっ、今まで大分損してたんですけど、、、

先日、NASが逝ってしまいました。(データ救済までのストーリー

さみしい事件でした。
その寂しさを乗り越え、NAS(3TB)を買い換えました。
前より大分お得です。(セッティングになぜかハマってしまい、少し苦労しましたが、機会があれば、書きます。)

書き込み速度が約116Mb/sというスペックに惹かれて買ったのですが、
測定してみると、10 - 11Mb/sです。それもそれ以上ピクリとも上に行かないです。
一体どうしたことだ?ということでいろいろ考えました。
まず、NASの設定を確認、、、問題なし。というより、あまり設定項目ないし、、、。
そうだ、ハブの問題だ!と思いハブを交換。

いやー、これで一安心と思い。測定、10 - 11Mb/sです。変わりません。
ちなみに、Mb/sは、M bit / secなので、8Mb/s(Mbit/s) = 1MB/s(MByte/s)です。
1秒間に、1Mbyte程度しか転送できないんです。今の時代では遅すぎます。
ちなみに、HDDをUSB2で接続したら、120Mb/sぐらいは簡単にでました。
なぜだろう、何が悪いんだろう、Win10の通信設定の影響だろうか?
と今度は、通信設定を確認。オフロードをオフにすると改善するという記事を見て実験。

全然、変わりません。

途方に暮れて、ハブの説明書を見ました。
通信速度により、LEDランプの色が変わるようです。
へーっ、ハブを見てみる。
!!!PCとの接続だけ、橙色になっている。その他は緑色なのに、、、
パソコンの設定はさっき確認したよ。問題ないはず。ひょってして、Win10が悪いの???
Win10のせいにしてしまいそうになった時、ひょっとして、ひょっとして、LANケーブル???
手元にあった、別のケーブルに交換すると、
80Mb/s軽くでるようになりました。
うーーーーん、このLANケーブルのせいで、今までどんだけ通信に待たされていたんだろう、、、すごく悲しくなりました
LANケーブル、今までなんとも思っていませんでしたが
重要ですね~。
CAT6以上を選べば、間違いないですね。(この記事とか参考になります。
今PCに繋いだケーブルのも適当に手元にあったのを繋いだだけなので今度見直した方がいいかも。

2017年7月20日 (木)

ゼルダの伝説

最近、僕は弟から貰ったゲームを始めました。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド


いろいろな、記事で面白いと書いてあった。
弟のプレイを見ていて、面白そうだった。
実際にやってみて、
面白かった!!

といっても、始めたばかりで全然ストーリーが進んでいません。
やっと、磁石?の力が使えるようになったばかり、空も飛べません。
でも、寄り道が楽しいです。
寄り道ばかりしています。怪しそうなところを探し調べるという、時間だけが過ぎていく作業をなぜか黙々としています。

寄り道に疲れたら、ストーリー進めることにします。
一体、いつパラセールを手に入れて空を飛べるようになるのやら、、、

ちなみに、スプラトゥーン2の影響で、Switchの順番が回ってきません

2017年7月 9日 (日)

NAS データ救済 HDL-CE2.0

我が家のNASが死にました。

突然、、、?
いや、少し前兆がありました。先週末、所定のファイルのコピーに失敗して何回トライしてもコピー失敗。結局このファイルはあきらめましたが、次に昨日Win10からNASの名前が見えなくなりました。
それでも、IPアドレス直打ちなら繋がるので、どうしたのかなぁ?
と思っていたら、今日は全くつながりません

電源オン、オフをくりかえしても復帰せず。USB接続でも認識せず。
そのうち、エラーを示す赤ランプが点滅する始末、、、。
すべてのデータを失ったのか、、、と絶望していたのですが、分解してデータ救出できるかトライすることにしました。

今回、入院することになったNASは、コレ。IO-DATA製のHDL-CE2.0
2013年3月生産終了品。まあまあ頑張ってくれました。HDDの寿命から考えると妥当でしょう。
Hdlce2_00
救済に使用した、冶具はコレ。オウルテックの黒角。いつもお世話になっております。


  1. 分解します。
    背面のネジをはずして、カバーをスライドして外します。
    Hdlce201
    ファンのネジとケーブルを外します。
    Hdlce202
    横のネジと背面のネジを外します。

    Hdlce203

    Hdlce204
    引っ掛けてある金具の引っ掛かり部分を外します。

    Hdlce205_2
    そうすると、HDDを横に少しスライドさせることで、HDDと基板のコネクタを外すことができます。

    Hdlce206
    上の薄い板金とHDDが外れるようになるので、外します。
    Hdlce207

  2. 取り出したHDDを外付けHDDケース(黒角)に取り付け、Win10のPCにつなぎます。
    ディスクの管理で見ると、パーティションが5個もありました。
    データが入っているのは、5番目のHDL-CE(N:)です。※N:の部分はかんきょうによって異なります。
    Hdd_format_0 Hdlce2_01

    フォーマットも、NTFSなので、Windowsから問題なくアクセスできます。
    Macの方はNTFSにアクセスできるようにする Mac OS X用のドライバ(「NTFS-3G for Mac OS X」) をインストールする必要があるようです。試していません。
  3. データのコピー(バックアップ)
    ふつうに、エクスプローラーで、HDL-CE(N:)にアクセスして、バックアップ先のHDDにコピーします。
    終わり。

代替のNASを探したのですが、書き込み速度が約116MB/sというスペックに惹かれてコレを選びました。Buffalo製品も好きなのですが、スピードが大分違ったので、、、。
もう少し金銭的に余裕があれば、Synology製のNASを買いたいところですが今回もあきらめました。Synology製は、基本的にはケースのみで価格なのでHDDを別途購入するといい値段になります。

«Win10で外付けHDD 準備(Win, Mac共用)